ミネラルファンデのブラシ

ブラシの使い分け(ファンデーション・アイシャドウ・コンシーラー)

ブラシ、と言ってもつける箇所によって使い分けるために様々なブラシがあります。知ってはいるけれど、附属のやつをなんとなく使っていたり、ファンデはパフをアイシャドウはチップを...みたいな感じであまりブラシを使わない人も多いかもしれません。


かく言う私もあんまりブラシを使っていなかったりします。最低限の顔に乗せる用、アイシャドウ用、コンシーラー用ぐらいですかね。チークはほとんどつけないので、たまにつけるときはファンデーション用を使ったりしています。


↓私の持ってるブラシたち♪



でも実は、ファンデーションとチークは顔への乗せ方が違っていて、ブラシも使い分けたほうが良いです。まずファンデーションの場合、がっつり顔に乗せてしっかりカバーしなければならないので毛量が多く、コシがあって、大きくて、毛が短いものが良いです。カブキブラシのような山成のものや、毛穴をしっかりカバーできるフラットタイプブラシがおすすめです。


フラットタイプのものは顔に垂直にしてポンポンとファンデをつけるのがポイントです。パフみたいな感じの付け方ってことですね。これでしっかりとファンデーションがつくので、がっつりお化粧したいときに役立ちます。


逆にチークやフィニッシングパウダーなどはあまりがっつり乗せすぎるとキツイ印象になってしまいます。ですからふわっとした仕上がりにするために、柔らかい毛のブラシでふんわりつけるのが良いです。チーク用のブラシでも良いんですが、レイチェルワインのトライアルセットの中に入っているカブキブラシなんかはとっても柔らかい毛なので使えると思います。


次にアイシャドウ用ブラシとコンシーラー用ブラシについて。


見た感じ、同じような形状なのですが、ブラシを触ってみると固さが違うんですよ。アイシャドウ用は柔らかくて、コンシーラー用は若干固めです。というのも、コンシーラーはカバー力が命なので、コシのあるブラシが向いています。となると、毛が密集したがっしりしたものが良いのです。


逆にアイシャドウ用の物は、チップで乗せた物をぼかしたりするのに使いますし、まぶたという皮膚がデリケートな場所で使いますから割と柔らかい毛を使用しています。


他にも携帯に便利な、ブラシを出したりしまったり出来てコンパクトに持ち運ぶ事が出来る携帯用ブラシ(リトラクタブルブラシ)なんてのもあります。また、ブラシの中に粉の入ったカートリッジをいれることでそれ一つでファンデがつけられる、なんてのもあります。変わり種だと抗菌仕様のもまであります。


アイブロウブラシ、リップブラシ、アイラインブラシ...様々な形状のブラシがあります。結局何を揃えればいいの?と思うかもしれませんが、必要な物を揃える、という感じで良いと思います。あまり形から入りすぎるのも良くないですし、必要に応じて買い足していくぐらいで十分です。トライアルセットにはカブキブラシがついていたりしますから、それを試しに使うのも良いと思いますよ。


関連記事

《レイチェルワイン》ミネラルメイクアップトライアルセット
ミネラルファンデ用ブラシの洗い方
人工毛と獣毛?どういうものを選べば良いの?
パウダータイプのミネラルファンデのつけかた
アイシャドウ、チークもミネラル!割と発色がいい!





ミネラルファンデ人気商品一覧

 

ミネラルファンデ使用時の注意点

 

ミネラルファンデ基礎知識

 

ミネラルファンデのブラシ

 

肌荒れとミネラルファンデ

 

海外のミネラルファンデ

 

CSSレイアウト崩れ