ミネラルファンデのブラシ

人工毛と獣毛?どういうものを選べば良いの?

パウダータイプのミネラルファンデをつける際に必要なのがブラシです。パフを使用することもありますが、ブラシを使用するのが一般的です。



細かい粉を綺麗にお肌に乗せるために、ブラシは一番ムラが無くつけられるので良いと思います。


ただ、化粧をする際ブラシを使った事が無いと言う方が意外に結構いるみたいですね。プレストタイプだとパフを使っちゃいますし、リキッドタイプやクリームタイプも手やパフで済ませちゃいますからね。


人工毛と獣毛


ブラシには大きく分けて2種類の毛質があって、人工毛と獣毛があります。天然のものの方が良いに決まってるから獣毛のほうがいいでしょ、と思われるかもしれませんが、人それぞれ、合う合わないがあるので何とも言えないです。


獣毛にはコシがあり、粉含みもいいのでムラになりにくく、綺麗につくというメリットがあります。人工毛ではなかなか生み出せない美しい仕上がりになるんです。その反面、扱いにくいデメリットがいくつかあるんです。


それは獣毛は劣化しやすいということ。天然の毛なので菌がつきやすく、水洗いすると劣化しやすいんです。でも清潔な状態を保つためには水洗いしたほうが良いから洗わないわけにはいかない...ということで、人工毛に比べて扱いが難しいんです。時間が経つだけでも人間の髪同様に傷んでいきますからねー(根元の毛より毛先の方が傷んでますよね?)。


あと肌にあたったときチクチクするということ。私は以前、獣毛ブラシを使っていたことがありましたが、肌へのあたりが強く、チクチクするので使い続けることが出来ませんでした。敏感肌の人はキツいかもしれません。また、アレルギーがある人は鼻がむずむずしてくしゃみが出たりすることもあり、使う人を選ぶブラシだという訳です。


ただ、お値段が少々高めの質の良い獣毛ブラシだとチクチクしないようです。筆によっては1万円を越す高価な物もあります...!私はあまり筆にお金をかけたくないし、獣毛に抵抗があるので持っていませんが、ちょっと使ってみたいですねー。


また、獣毛とひとえに言っても、色んな動物の毛が使われています。良く使われるのがヤギと灰リスで、それぞれ特徴が違います。ヤギはコシが強く、粉含みが良く、耐久性があります。灰リスは毛先が細いので肌のあたりが良く、粉がふんわりとつきます。


人工毛の場合は?


そしてもう一方の人工毛はとにかく扱いやすく、なんといってもお値段が安い!人工毛の中でも特におすすめなのが高級ナイロンのタクロンという素材を使用したブラシです。毛がツヤツヤしていて触りごこちがよく、肌への馴染みが良いのが特徴です。めちゃくちゃ敏感肌の私が使用しても全然痛くも痒くもなく、むしろ気持ちいい触り心地で化粧が楽しくなります。


ネットではadesignのPointed Foundation Kabukiブラシ(通称つくし)の人気が高いです。これ、獣毛に劣らずとにかく毛穴をしっかりカバーしてくれる優れものなんです。しかし、私は上手く使えず...orzコシがありすぎて逆に難しいんですよー。せっかくの素晴らしいブラシなのに!以前購入するのが大変だったのですが、2015年現在は日本のAmazonで売ってるみたいです。


個人的なオススメはalima pureの#25 Foundation Brushです。毛がぎゅっと密集していて、割とコシがある感じです。触りごこちは抜群に良くて、ファサーって感じがたまらんです。何よりファンデーションがつけやすくて扱いやすいです。alima PUREは日本のサイトもオープンしたので簡単に注文できます。


あとはEcoToolsのBamboo 6 Piece Brush Setです。6本ブラシが入っているのですが、iHerbで12.99ドルで販売しています。超安いですね!ブラシがとても柔らかくて、とくにアイシャドウブラシが使いやすかったです。肌触りも優しくて良いです。


関連記事

肌に合わせてミネラルファンデの成分をみる
ミネラルファンデ用ブラシの洗い方
ブラシの使い分け(ファンデーション・アイシャドウ・コンシーラー)
海外のミネラルファンデの良いとこ悪いとこ





ミネラルファンデ人気商品一覧

 

ミネラルファンデ使用時の注意点

 

ミネラルファンデ基礎知識

 

ミネラルファンデのブラシ

 

肌荒れとミネラルファンデ

 

海外のミネラルファンデ

 

CSSレイアウト崩れ