肌荒れとミネラルファンデ

乾燥肌対策のための正しい化粧水のつけ方

乾燥肌は本当、百害あって一利なしです!とにかく様々な肌のトラブルを引き起こす原因となってしまいます。



シワだけでなく、シミやニキビの原因にもなってしまうんです。私自身、長年脂の分泌が多くてニキビなどに悩まされてきましたが、実は乾燥肌が原因だったんです。(脂性肌だと思いこんでいたので目からウロコでした...)


乾燥肌だと化粧も上手く乗りません。ですからまず、乾燥肌を防ぎましょう。最初にすべきことは保湿ですね。化粧水や乳液など、基礎化粧品をしっかりつける事が大切です。


ポイントは化粧水


特に化粧水はちゃんと浸透させるためにたっぷり使って下さい。浸透力と保湿力が高い物を使うのも大変効果的です。セラミドやヒアルロン酸などの成分が配合しているものを選ぶのも良いです。


化粧水のつけ方に関してなのですが、手でつけるべきなのか、コットンでつけるべきなのか迷いますよね。コットンだと化粧水を吸ってしまうし、肌をこすってしまうから手の方が肌には良いんじゃないの?と思われるかもしれませんが、私はコットンでつける事をオススメします。


というのも実はコットンよりも手のひらの方が化粧水を吸ってしまうんですよ!コットンの方が水分が残るんです。そしてコットンに化粧水をたっぷりつけて優しくポンポンとつけていけば摩擦が起こることはありません。コットンをパックにするってのもいいですね。


でも基礎化粧品をつけるのは朝と夜だけ、という人がほとんどだと思います。それだと昼間はどうしても乾燥してしまいます。ですから特に冬は出来る限り加湿器を使ったり、化粧の上からミストを吹きかけたりしてこまめに水分を補給することが大切です。


刺激はなるべく減らそう!


肌への刺激が原因で乾燥肌になったりします。例えば洗浄力の強いクレンジングなどはお肌に必要な、大切な水分をごっそり奪っていきます。また、合成ポリマーが多量に入っているリキッドファンデは、日中つけっぱなしですからかなりのダメージです。


そこで活躍するのがご存知ミネラルファンデーションです。ミネラルファンデには合成ポリマーが入っていませんし、皮脂や汗となじむ事で保湿を促す働きがあるんですよ。ただし、成分の中には乾燥を促してしまうものもあるので注意が必要です。タルク、カオリン、シリカなどが入っているものはNGです。


ただ、やはりパウダーファンデですから乾燥しやすいです。ですから乳液や美容液、キャリアオイルなどでリキッド化してから使うのをおすすめします。


関連記事

ミネラルファンデのみで紫外線を防げる?
自分の肌に合うファンデーションの色は?
ファンデとBBクリームってどう違うの?
ニキビケアとミネラルファンデ
角質培養とミネラルファンデ





ミネラルファンデ人気商品一覧

 

ミネラルファンデ使用時の注意点

 

ミネラルファンデ基礎知識

 

ミネラルファンデのブラシ

 

肌荒れとミネラルファンデ

 

海外のミネラルファンデ

 

CSSレイアウト崩れ