ミネラルファンデ使用時の注意点

パウダーのミネラルファンデをキャリアオイルでリキッドに?


特にパウダータイプのミネラルファンデは乾燥しやすく、落ちやすいです。最近ではミネラルファンデのメーカーからリキッドタイプのが出ていますが、成分をよく見ると、液状にするために合成ポリマーなどが入っていたり、カラーバリエーションも少ないんですよねー。


それでもリキッドタイプのミネラルファンデを使いたい、という人は自分で作ってしまいましょう。実はそれってとても簡単で、水で溶かすだけでリキッドに出来ます。ただ、水だと蒸発してしまうので割と乾燥しやすいんです。ですから、お持ちの基礎化粧品(乳液、美容液など)やオイルなどで混ぜるのが良いです。


リキッド化するときに特にオススメなのがキャリアオイルです。このキャリアオイルはマッサージするときなどに使われたりします。アロマセラピーにおいて使われる精油(エッセンシャルオイル)は単品だと肌への刺激が強く、蒸発しやすいのですが、キャリアオイルを混ぜる事でその刺激を和らげ、精油の栄養成分を肌へしっかりと浸透させてくれます。


キャリアオイル自体にも栄養成分があり、単品でもお肌にとても良いです!オイルなので保湿力が高く、天然成分100%なのでオススメですよ♪ただ、このキャリアオイルを使う際に気を付けなければならないことがあります。


それは酸化です。酸化したものを肌につけると肌を傷つけ、シミやシワなどの肌のトラブルを引き起こします。油は酸化を起こしやすいので注意する必要があります。とりあえず、開封してからあまり長い事使わない事が大切です(油臭いなあ、と感じたら使わないで下さい)。


キャリアオイルによって使用期限は様々で、酸化の早いローズヒップオイルなどは1ヶ月、多くのものは大体3ヶ月程度が目安となります。また、高温で直射日光が当たる場所だと酸化が早まってしまうので、直射日光が当たらない、冷蔵庫などの涼しい場所で保存するようにしましょう。


キャリアオイルの中でも酸化しにくいものがあります。それは、ホホバオイル、スクワランオイル、アルガンオイルなどです。その中でも特におすすめなのがホホバオイルです。ホホバオイルは厳密に言うとオイルではなく、ホホバの実からとった植物性の液体ワックスです。低温になると固まってしまいますが、ぬるま湯につけたりして温めれば元に戻ります。


非常に酸化しにくく、長期保存しておくことができます。半年から1年は大丈夫です(ただし、精製度によって変わってきます。精製度が低いものはあまり長期間使わないようにして下さい)。また、人間の肌成分と同じ構造を持つオイルで、保湿性に優れ、ベタつかず、浸透性も良いです。どんな肌質の方にもつかいやすいオイルです。とは言え、まれにアレルギーを引き起こす方もいるので、全てのキャリアオイルにおいて使用前のパッチテストは必ず行ってください。


他にも抗炎症作用や、鎮痛作用があって傷などにも効果的です。そして抗酸化作用があり、天然のビタミンEも多く含んでいるので日焼け止めとしても使えそうな気がします。ですが、UV-Aは多少防ぐことが出来ても、UV-Bに関してはほぼ防ぐことが出来ません。ですから日焼け止めとして利用しないで下さい。


そしてもうひとつおすすめのキャリアオイルがエミューオイルです。ミネラルファンデととても相性がいいんですよー。さらっとしたつけ心地でべたつかず、とても使いやすいです。このオイルはエミューというダチョウによく似た鳥から採れます。エミューが生息しているオーストラリアでは、常備薬として利用されてきました。(日本で言うオロナイン的な)


皮膚表面に出来た傷に効果があるだけでなく、なんと関節痛や筋肉の疲労などにも効果的なんです!身体のトラブルに効く凄いオイルです。例えば顔にニキビなどがある場合でも、これを使えば悪化せず、炎症を抑えてくれるので肌トラブルに気にせず使う事が出来ます。ただ、精製度の高いエミューオイルは栄養価も高いのですが、肌への刺激が強いので少し注意が必要です。


また、オレイン酸とヨウ素の作用により、酸化に強く劣化しにくいので長く使う事が出来ます。ただ、エミューオイルも直射日光は避け、涼しいところに保存するようにして下さい。(割とホホバオイルに似ていて、保湿性も高く、人の肌と近い成分で、浸透力も高いです。)


ミネラルファンデにキャリアオイルを混ぜて使う


ミネラルファンデに話を戻しますが、手のひらにミネラルファンデを乗せてその上にキャリアオイルを乗せて混ぜて使ってください。その際の分量は1:1ぐらいを目安にして下さい。それで様子を見て足りなければ足していって、自分の丁度良い量を見つけて下さい。


キャリアオイルはクレンジングの際にも使用する事が出来ます。合成科学物質の入った市販のクレンジング剤を使うよりも、お肌に優しくクレンジングをする事が出来ます。長時間付けていても肌に優しいので、マッサージもしながら奥に詰まった汚れをゆっくり綺麗に洗いましょう。


関連記事

ミネラルファンデのみで紫外線を防げる?
合成界面活性剤・合成ポリマーは本当に有害?
乾燥肌対策のための正しい化粧水のつけ方
ニキビケアとミネラルファンデ
ミネラルファンデは自作できる?





ミネラルファンデ人気商品一覧

 

ミネラルファンデ使用時の注意点

 

ミネラルファンデ基礎知識

 

ミネラルファンデのブラシ

 

肌荒れとミネラルファンデ

 

海外のミネラルファンデ

 

CSSレイアウト崩れ