ミネラルファンデ使用時の注意点

ミネラルファンデのみで紫外線を防げる?

最近のミネラルファンデーションの中にはSPF値、PA値がどちらも高いものが多くあります。ならそれだけで紫外線対策が出来ちゃうじゃん!と思うかもしれませんが、実際のところはどうなのでしょうか?



そもそもSPF値(UVB波の防御指数)とPA値(UVA波の防御指数)はどのように決められているのかというと、皮膚の1平方センチメートルあたりに2mgつけたときの効果として測定されます。数値が高くなればなるほどUVB波によって赤くなったり、UVA波によって黒くなったりするのを遅らせてくれます。


例えばある量の紫外線を何も塗らない状態で肌に当て続けたとき赤くなるのが20分後だとすると、SPF30の場合、それの30倍の時間赤くなるのを遅らせることが出来ます。つまり20×30=600分ぐらいで赤くなるということです。(もしく照射時間を同条件にした場合、何も塗らなかった場所と同じぐらい赤くしようするには、SPF30のものをつけた場所には何も塗らないときの30倍の紫外線量を当てれば良いということです。)


じゃあとりあえず数値の高い物を付けていれば良いんだ、と思うかもしれません。ですが日焼け止めを塗る時、この計測方法のとおり、皮膚の1平方センチメートルあたり2mgも使っていますか?実際、これよりも少ない量の人がほとんどだと思います。少なければ効果も下がってしまうので、量に関しても気をつけなければなりません。


そしてミネラルファンデーションでの効果を考えると...


ミネラルファンデーションは普通の物に比べて薄づきですし、合成ポリマーなどが入っていないので汗や脂によって落ちやすいです。ですから数値どおりの効果を期待するのは難しいかなあと思います。


それでも出来る限りクレンジングなしで落としたい...という方にはクレンジング不要の日焼け止めを使用するのが良いかと思います。密着性をだすために合成ポリマーなどが入っていたとしても、少量でしたらクレンジングをしなくても落とす事ができるものは結構あります。


こまめに日焼け止めを付けられる環境にあるのであればミネラルファンデだけでもOKですし、何なら数値の低いものでも大丈夫です。結局は日焼け止めがしっかり肌についていて紫外線から肌を保護できる状態を維持することが一番大切です。数値の高いものを朝塗ってそのまま1日過ごすより、数値の低いものをこまめに塗り直したほうが効果が高いんです。


そして、肌への負担ということを考えると、紫外線吸収剤が入っているもは使わないようにして下さい。また、紫外線散乱剤としての働きがある酸化チタンがナノ化されているものもNGです。何故なら、ナノ化されることで毛穴に入り込んでしまう恐れがあるからです。(日焼け止めは昔白浮きしてしまうことが難点だったのですが、それを解消するために酸化チタンがナノ化されてしまったんです。最近のは白くならない!って感動してたんですけど体には悪かったんですよー!)


ただ、日焼け止めの皮膚へのダメージ<紫外線の皮膚へのダメージなのでしっかり紫外線対策をすることは大切です。アウトドアなどでずっと外にいるときはウォータープルーフのSPF値PA値の高い物をつけたり、全然外に出ないときは低い物をつけたり、ミネラルファンデだけにするなど場面に応じて使い分けをして肌への負担を少しでも減らしていきましょう。


あとは日焼け止めをつけないってのもありですね。UVカットができる帽子や日傘、上着などを利用して遮断するのが、肌に負担をかけない1番良い方法です。見た目の問題もあって全身を完全に保護するのは難しいので、うまく日焼け止めと併用しましょう。最近はUVマスクなるものが発売されていて、顔を紫外線から守る事が出来ます。サングラスと一緒につければ顔はほぼ保護できますね。車移動などの際にめちゃくちゃ重宝しますよ♪


関連記事

ミネラルファンデはつけたまま寝られるってホント?
自分の肌に合うファンデーションの色は?
乾燥肌対策のための正しい化粧水のつけ方
ニキビケアとミネラルファンデ
角質培養とミネラルファンデ





ミネラルファンデ人気商品一覧

 

ミネラルファンデ使用時の注意点

 

ミネラルファンデ基礎知識

 

ミネラルファンデのブラシ

 

肌荒れとミネラルファンデ

 

海外のミネラルファンデ

 

CSSレイアウト崩れ