ミネラルファンデ基礎知識

合成界面活性剤・合成ポリマーは本当に有害?

ミネラルファンデーションの成分はミネラル100%で、合成界面活性剤や合成ポリマーなどが入っていないから肌にとっても良いんですよーとさんざん紹介してきました。でも合成界面活性剤や合成ポリマーって本当に肌に悪いんでしょうか?正直なところ、なんとなく悪いような気がするけど、実際のところ、よく分からない...という人は多いと思います。そこで、詳しく説明していきたいと思います。


まず、合成界面活性剤について。


界面活性剤は本来は混ざらない水と油を混ぜ合わせる(乳化)ために使用されます。他にも洗浄作用・湿潤作用・浸透作用・殺菌作用などがあり、クレンジングやクリームなどに多く含まれています。


様々な成分を混ぜ合わせたり、洗浄したりするのに大変便利な物ではあるのですが、その反面、汚れだけじゃなくて皮膚を保護してくれている皮脂膜までも奪ってしまうんです。そして肌のバリア機能を破壊してしまいます。


美容成分を浸透させるためにあえて破壊する美容液などもありますが、それはケアであるどころか肌を弱くさせています。しかも残留しやすいので、合成界面活性剤入りのスキンケア・メイクアップ製品を使い続ければずっとお肌を傷つけている事になります。


合成界面活性剤は全てダメっていうのは言い過ぎ


ただし、全ての合成界面活性剤がそんなに悪い訳ではないようです。どういうことかというと、普通の界面活性剤であれば洗い流せば落ちるし、肌表面は弱酸性で、その酸の力によって界面活性の機能が消失するからです。


ですが「石油系合成界面活性剤」と呼ばれるものはそうではありません。これはとても肌にとどまりやすいためにずっと肌を傷め続けます。ですから絶対に使わないほうが良いです。この石油系合成界面活性剤をいくつか挙げます。


・パレスー3硫酸ナトリウム
・パレスー3硫酸アンモニウム
・ラウリル硫酸ナトリウム
・ラウリル硫酸アンモニウム
・ラウレス硫酸ナトリウム
・ラウレス硫酸アンモニウム
・スルホン酸ナトリウム
・キシレンスルホン酸アンモニウム
・ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸塩


などがあります。「硫酸」や「ナトリウム」、「アンモニウム」、「ラウリル」などのワードが入っていたら要注意なので、怪しいなと思ったら一度調べてみるようにしましょう。


つぎに合成ポリマーについて。


合成ポリマーとは合成樹脂・合成ゴム・合成セルロースのことで、ラップやペットボトルになったりします。ですから表面がサラサラ、つるつるした感じになり、とても滑らかに見えます。界面活性剤同様、乳化作用があって、綺麗な色をつけることができます。そして皮膜形成剤としても作用するので、汗や皮脂に強く、落ちにくいです。ウォータープルーフの商品に多く使われています。


つまり、落とすのが大変ということです。落とすために強力な洗浄力のあるクレンジングを使わなければならず、それにより肌を傷めてしまいます。また、合成ポリマー自体に毒性はありませんが、ビニールコーティングされることで肌の常在菌が死滅して防御機能が落ちてしまったり、皮脂の分泌量が減って乾燥肌になってしまうという問題もあります。特に要注意なのが以下の合成ポリマーです。


・カルボマー
・ジメチコン
・セルロース
・アクリル酸
・メタクリル酸
・シロキサン


上記のようなものが名前についている成分が入っていたら、出来る限り使わないほうが良いでしょう。


しかし、海へ行くときなど、長時間野外で活動する場合はウォータープルーフのものを使わなければ落ちてしまい、紫外線にさらされてしまいます。紫外線は本当に肌に有害で、それだったら合成界面活性剤や合成ポリマーのほうがよっぽどましです。ちゃんとウォータープルーフの日焼け止めなどを使って下さい。


室内にいる時間が長く、さほど紫外線に当たらない日はミネラルファンデを使うなどして、使い分けをしっかりするということが大切です。とりあえずウォータープルーフのものを使っとけば大丈夫、といっていつも使っている人がいますが、それは止めたほうがよいでしょう。


関連記事

ミネラルファンデはつけたまま寝られるってホント?
ミネラルファンデのみで紫外線を防げる?
肌に合わせてミネラルファンデの成分をみる
パウダータイプのミネラルファンデのつけかた
偽物のミネラルファンデが存在する??





ミネラルファンデ人気商品一覧

 

ミネラルファンデ使用時の注意点

 

ミネラルファンデ基礎知識

 

ミネラルファンデのブラシ

 

肌荒れとミネラルファンデ

 

海外のミネラルファンデ

 

CSSレイアウト崩れ